40歳からのBMW日記

BMW3シリーズ 320i xDrive(エックスドライブ4WD)M sport について 毎日乗ってるパパの体験談

お客様の車両では、BMW ConnectedDriveサービスが契約期間終了まで一時停止されます?!

コネクテッドドライブの更新から、約1ヶ月。

 

f:id:aff_yu:20171121144239j:plain

 

 

 

さんざん苦労してサイトから更新できたものの、そのあとは、ドライバーサポートデスクに1回問い合わせしただけで、このドライバーサポートデスクが使えなくなっていました。

 

更新から約1ヶ月後、記事タイトルの件名でメールが届きました。

 

BMW ConnectedDrive サービスご利用中のお客様、
お客様の車両

 

では、2017-05-22をもって以下のBMW ConnectedDriveサービスが無効になりました:

Concierge Services

お客様のBMW ConnectedDriveサービスのステータスに関する詳細情報は、"My BMW ConnectedDrive"を参照してください。

BMW ConnectedDrive
www.bmw-connecteddrive.jp

 

えー!?

いよいよこーなったか。

ってことは、また1歩、解決から遠のいたなぁ。

と落胆しました。

 

まずは、なぜ更新手続きをしてから、ここまで連絡が遅かったのか?

なぜ、更新手続きをしているのに、サービスが一時停止なのか?

 

ぐるぐる頭をかけめぐります。やっぱり、ダメなシステムなのか?コネクテッドドライブは!?

 

使っているときの3年間も、コネクテッドドライブの脆弱さには、困ったのですが、たいてい1晩たつと直っているので、さほど気にせず使っていました。

 

今回は、約1ヶ月の長さです。

 

さすがに、待ちくたびれました。

 

そうして落胆していると、2分後です。

 

今度は「お客様の車両のBMWConnekutedDriveサービスが有効になりました。」とメールが届いたのです。

 

いったいどういうこと?

 

 

BMW ConnectedDrive サービスご利用中のお客様、

以下のBMW ConnectedDriveサービスが再び有効となったことをお知らせいたします:

Concierge Services

まもなくこのサービスはお客様の車両

 

で再びご利用いただけるようになります。

お客様のBMW ConnectedDriveサービスのステータスに関する詳細情報は、"My BMW ConnectedDrive"を参照してください。

BMW ConnectedDriveサービスを引き続きご利用下さい。

 

って、もっと早くできたでしょー!!

 

と素直にちょっとムッとしました。

 

で、早速車両に行って、エンジンをかけてアイドライブのコントローラーから操作してみると、無事、ドライバーサポートデスクのメニューが出ていました。

 

早速、ドライバーサポートデスクへの接続の確認をしてみますと、無事、通信できていました。

 

いやー長かったです。ドライバーサポートデスクが使えるまで。

 

これでやっと、元通りのBMWになりました。

 

そのあと、今度はカスタマーインタラクションセンターのオペレーターの方から、私のBMWで、コネクテッドドライブのドライバーサポートデスクが、使えるようになりましたとの電話が入りました。

 

何かしてもらったのですか?聞いてみたところ、詳細はわかりかねますが、ドイツ本国のBMWのほうで、何かしらの操作を行った。とのことでした。

 

まあ、何か対処していただいたってのは、ありがたいです。しかもドイツ本国で。

 

以前、BMWジャパンのカスタマーインタラクションセンターに問い合わせしたときも、ドイツ本国のシステムを使っているので、今こちらではわかりません。

調べてから折り返します。

 

という返事でした。

 

実際には、コネクテッドドライブに関しては、ドイツに問い合わせてから、どういう状況かがわかるのかもしれません。

 

返事が来るのにも時間がかかります。

 

使って便利なシステムですが、もう少し信頼性を兼ね備えてもらいたいものです。

 

その反面といいますか、カスタマーインタラクションセンターの対応や、ディーラーの対応は、とっても親切だと思います。

 

これでやっと、車に乗り込んでから、コネクテッドドライブのオプションから、更新作業をする作業から解放されます。

 

ちょっとつかれました。