40歳からのBMW日記

BMW3シリーズ 320i xDrive(エックスドライブ4WD)M sport について 毎日乗ってるパパの体験談

暑かったのでBMWリモートでベンチレーションをやってみました

今日は、東北地方でも暑い日となりました。

 

 

私の320iエックスドライブMスポーツは、普段は車庫に入っているのですが、今日に限っては、車庫で工事があるため、青空駐車になりました。

 

半日太陽に照らされていたので、乗ってすぐエアコンを入れても、とても車内で耐えられそうにありません。

 

昨日の記事でもご紹介させていただいたのですが、BMWリモートのアプリが使えるので、久しぶりに使ってみることにしました。

 

f:id:aff_yu:20171122124349p:plain

 

こんな感じで、

 

 

使った機能は、ベンチレーションです。エアコンの吹き出し口から送風を出すといった機能です。

 

BMW320iエックスドライブMスポーツを購入したときは、エアコンを作動できると解釈(勘違い?)していました。

(たしかカタログでは、エアコンを作動できると説明があったような・・・?)

 

ま、私の勘違いということで、「送風の機能が使える」というのが、正しい機能です。

 

 

上の写真は、BMWリモートのアプリで、すぐに温度調整を開始する、というボタンを押したあと、履歴を確認している画面です。

 

アイフォンからサーバー?(BMWのホストコンピューター?)を経由して、自分の車両に指示を送っているところ?だと勝手に思っています。

 

そのあと、リモートコントロールが成功したか否かを表示します。

 

写真にもあるのですが、たまに、失敗します。そのときはやり直すと、たいていは成功します。 

 

このあたりが、なんとなくコネクテッドドライブの弱いところかと思います。

 

指示した遠隔操作が、何の不安もなく、完遂される。

 

そんなあたりまえな感じが期待されます。

 

 

 

アイフォンからの指示がうまくいくと、BMWのベンチレーションはどうなっているのでしょうか?

 

こんな感じで働いてくれてました。

f:id:aff_yu:20171122124417j:plain

 

エアコンのファンのマークが点滅しながら、風を出していてくれました。

 

エアコンではなくて、ベンチレーションなので、冷たい空気が出ているわけではありません。

 

外気を車内に送風している、そんな機能です。

 

灼熱の車内に、外気を入れる。

 

それだけで多少救われます。

 

BMWに乗り込んで、エンジンを始動させると、自動的にベンチレーションが終了し、通常のエアコンの動作になります。

 

 

昨日は、こんな感じでアイフォンをいじってました。

 

BMWは、大人の遊び心をくするのが上手です。

やっぱりコネクテッドドライブ更新しておきたくなりますね!