40歳からのBMW日記

BMW3シリーズ 320i xDrive(エックスドライブ4WD)M sport について 毎日乗ってるパパの体験談

320iのMスポーツとスポーツラインのデザインを比べてみました。

320iのMスポーツとスポーツラインは、エンジンのスペックは変わりがありませんが、エクステリアとインテリアに違いがあります。

 

また、前期モデルのMスポーツと後期型のスポーツラインでは、さらに前期と後期での仕様変更があります。

 

ちょっとだけ比べてみました。

 

まずは、ホイールとタイヤです。

f:id:aff_yu:20170710223453j:plain

f:id:aff_yu:20170710223521j:plain

Mスポーツは、18インチホイールにコンチネンタルのスポーツコンタクト5のタイヤです。

 

18インチは標準で、オプションで19インチを選べます。

 

スポーツラインは、オプションで18インチのホイールとブリヂストンポテンザをはいています。

 

標準では、17インチのホイール。

 

どちらもタイヤは、ランフラットです。

 

スポーツラインの18インチは違和感なくマッチしていました。

 

どちらのサイズも、前輪225、後輪255の太さです。

 

スポーツラインでは、オプション装着のタイヤでも、ステアリングが過度に重くなったりした感じはなかったです。

 

 

続いてテールランプ

f:id:aff_yu:20170710223917j:plain

f:id:aff_yu:20170710223936j:plain

f:id:aff_yu:20170710224001j:plain

f:id:aff_yu:20170710224022j:plain

 大きな違いは、テールランプのボディ側のランプの中のラインが少し違います。

 

後期型(スポーツライン)は、テールランプの内部のデザインが、立体的になりました。

 

 

続いて車高です

 

f:id:aff_yu:20170710224629j:plain

f:id:aff_yu:20170710224645j:plain

Mスポーツは、標準タイプ(Mスポーツ以外のモデル)よりも、FRモデルは1センチ車高が低くなる、Mスポーツサスペンションが装着されています。

 

私のMスポーツはエックスドライブなので、エックスドライブだけMスポーツサスペンションが装着されません。

 

エックスドライブは、FRモデルと比べると、標準で1センチ車高が高くなります。

 

そのかわり、オプションで、アダプティブMサスペンションが装着されています。

 

ドライビングパフォーマンスコントロールにより、サスペンションの硬さを変更できます。

 

この場合だと、標準モデルよりも1センチ車高が下がりますので、 FRモデルの標準と同じ車高?かも?(仕様の違いで単純に言いけれないかもしれません)

 

スポーツラインは、標準のサスペンション。

 

減衰力の調整機能はありません。

 

Mスポーツサスペンションが装着されているMスポーツと、標準サスペンションのスポーツラインでは、見た目、ちょっとスポーツラインの方がフェンダーとタイヤの差が小さいように見えます。

 

 

続いてウインドウ下のモールです

f:id:aff_yu:20170710225339j:plain

f:id:aff_yu:20170710225358j:plain

ドアの、ウインドウとボディのあいだの黒いパーツです。

 

どちらの写真も新車での仕様標準のままだと思います。

 

Mスポーツは、新車登録から3年半たちますが、ピカピカの感じがまだします。

 

スポーツラインでは、新車登録からわずかですが、もうすでに太陽による日焼けというか、経年変化というか、色あせた感じが出ています。

 

 

これはおすすめしたいのですが、この部分がオプションで選べるなら、Mスポーツ仕様のモールをつけた方が、きれいです。

 

オプションがあるか調べたのですが、探せなかったので、ディーラーさんにご相談いただければ幸いです。

 

 

続いてヘッドライトです

f:id:aff_yu:20170710230532j:plain

f:id:aff_yu:20170710230553j:plain

f:id:aff_yu:20170710230632j:plain

f:id:aff_yu:20170710230649j:plain

ヘッドライトのデザインも前期と後期を見分ける大きな変化です。

 

ヘッドライト内部のデザイン、通称イカリングと呼ばれているところが変更になりました。

 

ライトの車幅灯をつけてみないとわからないのですが、前期型はイカリングの上にラインが照らされますが、後期型はイカリングとラインの一体型のデザインです。

 

さらに・・・ヘッドライトの部品に刻まれる「BMW」が「BMW LED」に変更になりました。

 

 

デザインラインのバッジです

f:id:aff_yu:20170710231120j:plain

f:id:aff_yu:20170710231137j:plain

こちらのバッジは、それぞれに変更があったようです。

 

Mスポーツは、初期型とそれ以降では異なるみたいです。

 

私のMスポーツのバッジは、後期型も共通です。

 

この「M」のバッジのおかげ?で、オジサマたちから「お前、M買ったんか?」という「お褒め」なのか「お怒り」なのか、微妙な質問を受けます。

 

最初のうちは、丁寧に、「M」モデルとは違って、「M」社の・・・とか説明していたのですが、最近は、だんだん面倒になってきて「違うけど、まぁそんな感じです。」とさらっと流しております。

 

スポーツラインは、前期型とはちょっと違うような気がします。

 

記憶が定かでなくて申し訳ないのですが、Sportの下にLineの横棒がなかったと思います。

 

 

最近のBMWは、選べる幅が広がったと聞きます。

 

1こ前のモデルはエックスドライブは、一時的にラインナップに乗っただけだったと思います。

 

現行モデルでは、確かに、エックスドライブは標準でいつもラインナップにありますし、デザインラインがあって、Mスポーツがあって、さらにセダンとツーリングがあって、エンジンもガソリンとディーゼルがあって・・・と、かなりの選択肢があります。

 

選べるオプションも相当な量があるのではないでしょうか?

 

選ぶのは楽しいのですが、決定するまでがたいへんそうです。

 

私の場合は、雪国なのでエックスドライブは必須、デザインラインはMスポーツを選んで、アダプティブMサスペンションをオプション装着、と決めていたのでけっこう簡単でした。

 

色は、アルピンホワイトⅢに決めていました。

 

好きな色だったし、ソリッドでオプション料金もかからないので。

 

選ぶときは、とことん、ディーラーの担当さんに聞いてみるといいと思います。

 

私の経験ですと、担当さんは、わからないことは宿題にして、後日しっかり答えてくれました。

 

担当さんが親身になってくれたので、社外品は付けずに、とにかくディーラーさんの部品やメンテナンスにこだわっています。

 

買い換えずに、ずっとこのBMWと付き合っていきたいと思っています。

 

今日もお読みいただいてありがとうございました。

 

にほんブログ村 車ブログ BMW(車)へ
にほんブログ村