40歳からのBMW日記

BMW3シリーズ 320i xDrive(エックスドライブ4WD)M sport について 毎日乗ってるパパの体験談

DSC(ダイナミック・スタビリティ・コントロール)とDTC(ダイナミック・トラクション・コントロール)を考察してみる

こんにちは。40歳からのBMW日記です。今日もよろしくお願いします。

 

普段、夜遅くに記事を書いています。

 

昨日は息子と一緒に10時過ぎに寝てしまいました。

 

なので、今日は超早起き。

 

5時に起きて、トイプードルの3歳の男の子(名前はキャンディです)を連れて、散歩に行ってきました。

 

キャンディはみんなと一緒に寝ていて、散歩に連れて行こうと部屋にお迎えに行ったら、部屋中ぐるぐる走りながらすごく吠えられました。

 

お犬様からは超不審者扱い、そして、みんなを起こしてしまい朝から不評のパパです。

 

ということで、1日あけてのブログ更新です。

 

今日は、BMW320iの車両に装備されているDSCとDTCの機能について考えてみます。

 

目次

DSCとDTCの機能

拡張機能

制御機能をオフにした場合

 

DSCとDTCの機能

DSCは、タイヤが滑ったりする兆候を感じると、車の姿勢を安定させるように調整します。

 

DSCは標準装備。でエンジン始動で機能がオンになる初期設定です。

f:id:aff_yu:20170916134935j:plain

これは、初期設定状態のDSCがオンの状態。

 

タコメーターの横にDSCの警告灯がつけばDTCがオンかDSCオフの状態です。

 

DSCには、5つの拡張機能がついていますが、これについては後述いたします。

 

DSCの補助機能がDTCです。DTCは、スリップを一定量まで許容しスポーティな走りを実現します。

 

DTCはMスポーツ、スポーツライン、8速スポーツオートマチックまたはバリアブルスポーツステアリング装備がついた車両に装備されたはずです。(私が購入した当時)

 

ドライビングパフォーマンスコントロールスイッチで、スポーツプラスのモードを選ぶとDSCがDTCに切り替わり、スポーティな走りを楽しめます。

 

なお、独立したDSCのスイッチがあって、任意にDSC、DTCオン、DSCオフに切り替えられます。

 

まあ、簡単にまとめますと、初期設定はエンジンをかけるとDSCが常にオンになっていて、雨の日などにタイヤがスリップしたときは、DSCが車両の装備に介入して、車両の挙動が安定するように機能します。

 

雪道なんかでは、タイヤがスリップして空転したときなどは、そのタイヤが空転しないように介入し、ぬかるんだ道の走行を助けます。

 

DSCが初期設定でオンになっているのですが、DTCがオンに切り替わったとき(スポーツプラスを選んだときなど)は、スリップを一定量許容し(ドリフトができるってことですかね?)、スポーティな走りをすることができる。

 

って感じと思います。

 

実際、DSCが介入するとどうなるの?と聞かれると、はっきり申し上げます。

 

私パパの技量ではさっぱりわかりません。一定量スリップを許容なんか怖くてできません!

というところです。

 

言い訳させてもらえれば、後輪は255の太いタイヤだし、前輪も225の太さだし、タイヤのおかげで雨の日のスリップはしたことないし、ドリフトなんかは怖くてやったことないし・・・という感じ。

 

しいて体験談をあげるとすると、雪道でぬかるんでいたとき、タイヤが空転したのか、DSCのランプがついた!

 

 

ってことくらいです。

 

ふつうにゆっくり前進してただけなので、ランプがついた!って感じただけでした。

 

もっと、運転技術が高等だったりすると、サーキットに行って、テールスライドのときはDTCは介入させずに、DSCを完全にオフにしましょう!とかって、書けるのかもしれません。

 

・・・パパはビビりです。超がつくビビり。

 

カタログや雑誌を読んだ知識をかくのが精いっぱい。

 

でも、もう少し頑張って書きます!

 

今度はDTCがオンの状態の写真

f:id:aff_yu:20170916134945j:plain

DTCオンと白字で表示されています。ハンドブレーキ警告灯の横に黄色く光っているのがDSCの警告灯です。

 

よく見るとDSCオフとなっていますね。DTCがオンだと、DSCはオフになっています。(見づらい写真ですみません)

 

最後が、DSCがオフの状態

f:id:aff_yu:20170916134951j:plain

タコメーター下のDSCオフの警告表示と、ハンドブレーキ右側の黄色のDSCオフの警告灯がついています。

 

DSCオフということは、DSCはもちろんDTCもオフということで、車両へ一切の介入がなされません。

 

車両がスリップしたら、自分で立て直してください!ということ!

 

言い換えれば、自在に車両を操ることができる代わりに、手助けは一切なし!

 

好き放題テールスライドさせてもいいけど、スライドしすぎてどっかに飛んで行ったら、自分で何とかしてください!

 

車両は助けてあげません!みたいな感じかと思いますw

 

パパの場合、心理的にDSCオフの状態は避けたいところですので、すぐDSCをオンにしました。

 

DSCの拡張機能

 

①CBC(コーナリング・ブレーキ・コントロール)

コーナリング中にブレーキを最適に考慮し、車両の安定とコントロール性を維持する機能。

 

②スタート・オフ・アシスタント機能

これは、坂道発進でもハンドブレーキを使わずに発信できる機能です。

 

ブレーキぺダルを離してほんの少しの間は、その姿勢で止まっていてくれるのです。

 

ふつう、ブレーキペダルを話すと、車両はそのまま下がってしまいます。

 

この機能がついているおかげで、坂道発進がとても楽になりました。

 

マニュアルトランスミッションの人とかには、すごく重宝されているのではないでしょうか?

 

③フェード防止機能

これは、ブレーキ圧を自動的に高め最大限の減速効果を発揮する機能です。

 

④ブレーキ・ドライ機能

これは、雨天時の制動力を高める機能です。

 

⑤ブレーキ・スタンバイ機能

これは、ブレーキに与圧を加え、緊急ブレーキの効果を高める機能です。

 

ちなみにですが、DSCがスリップの徴候を感じると、1000分の1秒以内に車両を安定させます。早っ!!

 

 制御機能をオフにした場合

 DSCのスイッチを長押しすると、DSCをオフにできます。

 

1回押しただけだとDTCがオンになります。

 

1回長く押しているとDSCがオフとなります。

 

DSCの制御装置を完全にオフにすると、車両がスリップしても、一切車両の姿勢をよくするための介入がなくなります。

 

よほど腕に自信のあるかたや、プロのレーサーなどであれば乗りこなせるかもしれませんが、ビビりのパパは無理。

 

速攻でDSCオンですw

 

制御機能をオフにした場合(DSCをオフにした場合)

ステアリングの特性が変わります。

 

物理的なステアリングの軽さは同じかもしれませんが、ステアリングに連動して動く車両本体の動きが軽くなります。

 

左右にステアリングを振ってみると、面白いくらいステアリングに連動して車両が動きます。(DSC介入の手助けはないですけど・・・)

 

今度はDSCをオンにすると、車両の動きに<もったり>感が出てきます。

 

ステアリングを切っても、≪もったり感≫のおかげで、車両の動きが鈍く感じます。

 

もったり感を良く言えば、DSCが車両全体の監視を始めた!という感じ。

 

 一覧にしてみました。

DSCは初期設定で、エンジン始動からオンになります。

DSCがスリップを検知すると、とにかく車両を安定した状態に保とうとします。

 

DTCがオンになると、DSCがオフになります。

DTCはスリップを一定量許容してダイナミックな走りができます。

パパのドリフトはこの設定です。(うそです。できません。)

 

DSC、DTCともにオフ。

この設定では、車両への介入は一切ありません。

覚悟を決めてから選択してくださいw

 

だいぶ長くなってしまいました。

 今日もお読みいただいてありがとうございます。

 

にほんブログ村 車ブログ BMW(車)へ
にほんブログ村